bio

pagettl_bio

biograph

2006年末にmic<Key>を中心に東京で結成されたメロディック・スピード/パワー・メタル・バンド。
当初はHelloween、Sonata Arctica、Edguy、Kamelot等のメロディックなヘヴィ・メタルのコピーを中心に演奏する一方で、
徐々にオリジナル曲にも取り組み始めていた。
RIHITO<Dr>らが加入しバンドとしての基盤を築き上げつつも、メンバーが非常に流動的で コンスタントな活動を行う事が困難な時期が続く。
2011年にIzo<Gt>が加入。翌年1月には自主制作シングル「Pale Light」をリリース。
勢いそのままに2013年6月、待望の1stフルアルバム「Tapestried Destiny」を発表し高評価を得つつも、
同年にはVocal、翌年にはBassが脱退し、サポートメンバーを入れつつライブ活動を行う事となる。
2014年10月、強力なハイトーン・ヴォーカリストWat Hagar<Vo>が加入。 2015年8月、4人体制によるミニアルバム
「Remains of Memory」をリリース。同年リリース・ツアーにてSATOSHI<Ba>が正式加入となり、5人体制が整う。
2016年7月、マキシシングルとなる「Cremated Dreams」をリリース。歌唱力/演奏力のみならず、
ソングライター3名による楽曲クオリティの高さも好評を得る。

そして2017年12月、4年半ぶりとなる待望の2ndアルバム「Verdict for the Chronicle」が遂に発表となる。